0年 0月 の投稿一覧

子供服でも本格派アメカジを!トレーナーの素材、縫製のお話

子供服ってすぐにサイズアウトするんですよね。

汚すから洗い替えが必要だし...

いっぱい買うのに高いのなんか買ってらんない!

 

ホントよくわかります。

そのせいか最近はお手頃価格の子供服では

製造コストの高い綿100%の製品はみかけることがすくなくなりました。

 

でも私たち作る側としては

お肌の弱いお子様もいらっしゃるし、

綿は通気性がよいので体温調節もしやすいですし

やわらかいやさしい風合いは綿が一番!と思うことが多いです。

 

安くても子供の為によい、丈夫なカッコいいアメカジのトレーナーはないのか!

そんなお客様に是非ご紹介したいのが今回のVICTORY OF  ALPHA アメカジトレーナーです。

 

「5飛び裏毛」と呼ばれるざっくりとした風合いの柔らかいトレーナー生地を使用しております。

手に取っていただきたい。そんな風に思える生地です。

一番こだわってるのが縫製です!

写真ではわかりにくいですが「カバーリング」といわれる二度縫いをしています。

肩口の接合部分と首回りのフライス部分に見えます。

img_7607

柔らかい素材でも型くずれしにくく、洗濯にも強くなります。

私たちはこの手法を「本造り」と呼んでⓇ商標登録しております。

img_7610

更に縫製を仕上げた製品を酵素洗剤で洗い加工しており、

綿100%でも縮みにくく、柔らかいビンテージ風の風合いを出してます。

デザインの英字ロゴはみんなで努力して優勝を目指す、

そんなクラブチームのユニフォームを想定してデザインしてみました。

ベビーサイズもあります

 

大阪で子供服一筋、50有余年の弊社謹製の一品、

是非一度おためしください。

 

 

 

 

 

 

1枚は持っておきたいカシミヤ100%ストール♪

そろそろ秋冬の準備をしたい!という方に

おすすめのストールを紹介します。

macoccaのカシミヤ100%ストールです。

 

サイズは幅60cm×縦180cm+フリンジ10cm×2

カラー展開は無地が15色・チェックが10色の計25色展開!

 

いちばんのポイントは肌触り♡

しっとりとした肌触りはやはりカシミヤならではではないでしょうか。

検査機関で品質検査をしたカシミヤ(内モンゴル産)100%。

密度が高く、光沢の入り方にも品があります。

ぜひ本物のカシミヤの肌触りと暖かみを感じてください。

大人女子(もちろん男子も!)には1度手にしていただきたいストールです。

 

秋冬は小物から楽しんでみてはいかがでしょうか…

(写真/左:チェックグレー 右:無地モカ)

_mg_6444_mg_6479

 

 

 

北欧デザイン ファブリック&グッズ  2016 GARB CASA

GARB CASAの北欧デザイン雑貨 シリーズ!

やっと朝夕涼しくなり季節も秋らしくなってきましたね。

行楽の秋!お出かけの秋!にノルディックデザインのトートバッグはいかがでしょうか〜

garb casa,北欧デザイン,トートバッグ

今日のピックアップデザインは

こちら。

北欧フィンランドーヘルシンキのデザインスタジオ「northern connection」より”Lukutoukka”というデザイン。

日本語に訳すと実はこれ「本の虫」という意味なんですよ ♩

本をデザインにしてしまう北欧デザイナーのセンス!素敵ですね〜

タイトルやデザインの意味を知るとより一層愛着が湧くのは私だけでしょうか。

秋の夜長には大好きな読書、昼間のお出かけには”本の虫Lukutoukka”のトートバッグを是非!

T.M.

北欧デザイン,トートバッグ,garb casa

Lukutoukkaトートバッグ 商品コード : 0131GB0591TOT

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

結婚式・披露宴パーティーの主賓・ゲストの方必見「結婚式のネクタイ」

秋のブライダルシーズンを迎え、例年検索ワードで急上昇するのが「主賓 礼装」「結婚式 主賓 服装」など。
これまで、部下や同僚として結婚式に臨んでいた男性陣が、後輩や部下の結婚式に上司として出席、
挨拶は乾杯の音頭などを頼まれて、今までどおりの服装でいいのか?と悩む傾向が如実に見て取れますね。

日本の結婚式というと、真っ黒のフォーマルスーツに白いネクタイ・・・というのが定番のような気もしますが、
それは中々おしゃれとは言いがたいもの。

上司・主賓たる装いで出席したいものです。

そこで、ご紹介したいのが、当店のネクタイセット。ネクタイとポケットチーフがセットになっていますので、
コレ一つで使い勝手は抜群。真っ白無地の慶祝ネクタイとは一線を隔すコーディネートをして頂けます。
結婚式ネクタイ フォーマルネクタイ

ご覧のとおり、慶祝ムードを醸し出すシルバーグレーのストライプでエレガントな上司に変身!

010305nap051_08

結婚式の主役は新郎新婦ですが、その新郎新婦にお祝いのコメントを残す瞬間、
会場の視線は主賓の貴方に向けられるのですから、失敗は許されません・・・。
DVD、写真などで映像・画像にも残りますものね。

デキる上司・頼れる先輩、新郎新婦が挨拶をお願いしているのにも理由はありますから、
黒スーツに白ネクタイという装いではなく、ちょっと違った装いにチャレンジしてみてくださいね!

その他、当店の礼服・結婚式ネクタイはこちらからどうぞ!

ふんわり軽く、暖かいカシミヤ♪

「カシミヤ産毛」

突然ですが。
カシミヤのセーターは カシミヤヤギの産毛 で作られているのをご存知でしたでしょうか?

ヤギの全身は剛毛な毛で覆われていますが、

その下に非常に細かくて柔らかい産毛が密集しています。

それをすき取って、採取し、紡いで糸にしているのですが、

1頭から僅かしか取れずシンプルなセーターを1枚作るのに

約4頭分の産毛が必要 とされています。

このように、採毛量がごく僅かであることから、

カシミヤが織物・ニットなどで最高級品として称賛され、天然繊維のダイヤモンド と呼ばれるゆえんです。

 

と、かた苦しい説明をしましたが。

そのカシミヤを100%使用して作ったセーターの一つが こちら です♪

こちらの商品で約200gのカシミヤの糸を使用しております。

ふんわり軽くて暖かいカシミヤのセーター

首元も二重になっているので暖かいこと間違いないですよ

これからの季節に、ご自身に、プレゼントにも最適です♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

お出掛け、旅行に楽々 幅広なのにスッキリシルエットのオシャレシューズです。

朝晩少しづつ涼しくなってくると、ムクムクと出かけたいという気持ちになりますよね。

日常は電車や車で移動しているから気が付かないけど、旅行に行ったときに気が付くのが靴の重要性です!

日頃履きなれていたはずの靴も、観光などで長時間歩くと カカトがつま先が足の裏が と日常あまり疲れない部分が疲れてきて、こんなはずでは… と言ったご経験をお持ちの方は一人や二人ではないはずです。

そんな方々におすすめなのが、疲れないストレッチシューズです!

http://www.itohen.or.jp/shopdetail/000000000235

立体的な構造で4EEの幅を実現。

見た目はスタイリッシュなのに中はゆったり。

驚くほど締め付け感がありません。

2016-09-02-15-56-14-01

本体素材は柔らかくて丈夫な国産の牛革をぜいたくに使用しているので、履けば履くほど足になじんで一度は履いたらもう手放せない と言うリピーターのかたも続出です。

しかもこの疲れないという最大の理由は魔法の中敷きにあったのです。

insole-diberry3

足の指を広げるといった構造は本来の足の形に整えてくれるので、驚くほど歩けます。

今年はスタイリッシュで楽々な疲れないストレッチシューズで、少し遠くまでお出かけしませんか。

 

 

 

 

初心者でも簡単お洒落に!サイドボーダープリント生地のご紹介♪

自分で洋服を手作りしてみたい!
でも、どんな布がいいのか。。色合わせや柄合わせは難しそう。
とお悩みの方も多いはず!
こんにちは!コットン素材を中心としたオリジナルデザインの布地や
デザイナーさんとのコラボ生地の企画・生産・販売を行っております
有輪商店 YUWA LIVE LIFE COLLECTIONです。

今回は、柄合わせや色合わせも考えなくてOK!
便利な両サイドボーダープリント生地をご紹介します!

岡本洋子 水玉 ドット ストライプ 有輪商店 YUWA 手作り

・岡本洋子さん シャーティングチンツ マーブルボタン/カラー:A:スミクロ

こちらの生地は色んな柄・模様の水玉柄とかすれた様なカラーがレトロPOPな印象の
プリント生地です。
また両サイドに幅の違う2本のラインが入っていますので単調にならず、
作品にワンポイントを与えてくれます。

サイドボーダーの生地はどう使えばいいのかわからない!思われる方も多いと思いますが
スカートやワンピースなどにはおすすめです!
裾部分にラインを持ってくるだげでメリハリのある作品になりますよ!
また、こちらの生地はチンツ加工を施しています。
程よい光沢感と張りがあり、作品をキレイに見せてくれる効果もあります。
ギャザースカート ドット 水玉 有輪商店 YUWA 岡本洋子 手作り
シンプルなギャザースカートにしてみました。
2本のラインがポイントになって1枚布でお洒落な秋色スカートが完成しました。
普段使いに良さそうな綺麗めスカートですね。

 

YUWA 有輪商店 ドット 水玉 バルーンスカート 岡本洋子 手作り
応用してみました。
腰下あたりにラインが来るように繋いで、ロングのバルーンスカートに!
カジュアルでエスニック風の印象になりました。

カラーバリエーションは、A:スミクロ・B:アカ・C:ミドリ・D:アオ・E:ハイイロの全5色。
お子様とお揃いのファッションでおでかけしても素敵ですよ。

商品の詳細はこちらからどうぞ♪

シャーティング生地は比較的薄地ですので、スカートやワンピースを作製される際は
裏地をつけていただくか、ペチコート(透け防止用)などを着用いただくことをお勧めいたします。

これからITOHENモールで関西の繊維業界、ファッション業界を盛り上げていけるよう
頑張っていきたいと思います!
よろしくお願いします♪

カンファ いとへん ネットショップ勉強会 第7回目 in 関西ファッション連合

いとへん カンファ ネットショップ勉強会

関西ファッション連合という組合には約570社の

ファッション繊維関係の会社さんが加盟されています。

主にB to Bが多く、ネットショップをされていな組合員さんが多いです。

そこで、組合が運営する「いとへん」というネットショッピングモールを立上げて

初めてネットショップを立ち上げる会社さんを中心に

皆で、勉強しながら実際にネットショップを運営してみようというプロジェクトを開始しました!!

そうです!

「いとへん」カンファモールの特長は、出店者、皆で勉強しながら、皆で成長していくショッピングモールなのです。

昨日、第7回目の勉強会を開催しました。

講師は株式会社NFLの酒匂さんです。

要約すると

今後は「コンテンツが大切」

ショッピングモールに出店しているから売れるという時代は終わった。

SNSでの繋がりで友人のFBやインスタで見たからとか、モノを選ぶ理由が変わった。

ブログなどを読んでもらってから、お客様に納得頂いて、共感頂いて買って頂くようになった。

だから、

今後もやはり、情報発信が大切。そして、自社の商品をどのように作っているのか

その生産背景や商品に対する想いをお客様に知って頂くことが大事ですね

私も日々、ブログやFB、インスタを使っての情報発信を心がけたいと思います。

文責:いとへんプロジェクトリーダー川辺

いとへん カンファ ネットショップ勉強会

いとへん カンファ ネットショップ勉強会

 

 

いとへん アパレル通販ショッピングモールの素材探しで見つけた「みのお船場団地」創世記の写真。

関西ファッション連合・KanFAの通販ショッピングモールいとへん。itohenと記します。
本日9月13日も勉強会を開催します。

7月末からGoogleは検索エンジンの表示順位について大幅な見直しを行いました。
アイルランド担当者による「コンテンツ」つまり記事が重要だとする発言もホームページ運営者には衝撃を与えました。
「イーコマース」から「コマース」へ。

これまでのECネット通販モール依存型ではどんどん売れない時代になってきていると日々感じます。
関西ファッション連合はアパレル、繊維業の専門家の集まり。

繊維、アパレル・衣服、生地に関する専門的でオンリーワンの記事を書き溜めることこそ、
お客様へのお役立ちだと考えています。

今後は出店者によるリレー方式で様々なコラムを連載していく予定ですので、
ぜひ、いとへんブログ=関西繊維業知恵袋

関西ファッション連合(KanFA)のいとへんに参加する企業によるリレーコラム。
商品の選び方、コーディネート、手入れ方法、繊維に関する豆知識が日替わり更新のブックマークをどうぞ宜しくお願い申し上げます。

そんないとへん(itohen)を制作する際に、関西ファッション連合の本部で素材探ししている時に見つけたのがこちらの本。
大阪船場繊維卸商団地協同組合。
img_20160826_200838

大阪船場の繊維業の成り立ちや歴史がまとめられた本ですが、
そこに、みのお船場団地の創世記の写真も!

私はここから少し南の吹田市で生まれ育ちましたので、この景色なんとも懐かしい気がします。
今はこの本上部のところにみのおキューズモールができており、近く地下鉄が延伸するといわれていますが、
これは大阪万博の少し後の頃で、団地が急ピッチで建築されている様子が伺えます。

現在も残っている建物もちらほらありますね。すごいです。
昭和のみのお船場繊維団地

高度成長期に沸いた大阪の繊維業も今はかなり落ち込んでいると、その頃を知る方々はおっしゃいます。
ですので、このECサイトいとへんで、少しでもこれからの大阪の繊維業を盛り上げていければと想います。